【筋肉痛を早く治す方法】豆知識や予防まで

筋肉痛ガイド

筋肉痛とは?

マッサージ

運動後の痛み

筋肉痛とは運動を行った次の日などに、筋肉に痛みを感じることです。この筋肉痛に関する知識を知っておけば、辛い筋肉痛を早く治す方法を試して効果を実感することができるでしょう。

筋肉痛の原因は良くわかっていない!

筋肉痛は誰もが経験をする身近な症状ですが、実を言うとその原因はちゃんと解明されてはいません。筋肉を使うことによって乳酸が発生する、という考えもありすが、筋肉が損傷を受けているという考えが強くなっています。

筋肉痛が遅れる時間差

高齢になるほど筋肉痛が遅れるという話がありますが、統計を取った結果、年齢で筋肉痛の発生が遅れるという事実はありません。もし翌日以降に筋肉痛が発生する場合、それは個人の差であるといえます。

筋肉痛のメカニズム

・運動を行うことにより、筋肉に傷が発生する。
・傷周辺に炎症が起こる。
・炎症した部分に刺激物質が発生する。
・刺激物質が筋肉を刺激し、痛みを伴う。

筋肉痛の予防になる行動ベスト5

no.1

ウォーキング

日常的に体を動かしていることが、筋肉痛の予防には一番です。特にウォーキングは、全身の筋肉を使う事ができる優れた運動なのです。

no.2

水分を摂る

血液中に水分が足りていないことで、血流が悪くなります。そうなると同時に、酸素や必要な栄養を届ける機能が悪くなるため、筋肉痛を起こしやすくなるでしょう。

no.3

運動前の準備

運動を行う前に、筋肉をほぐすような運動を行うことが大切です。筋肉を急激に使って大きくダメージを受ける事を防いでくれます。

no.4

運動後のストレッチ

運動を行った後にも、徐々に体のエンジンを切っていくようなイメージで、筋肉を少しずつ冷ましていきましょう。その際は軽いウォーキングや、ストレッチを行うと良いです。

no.5

運動前に栄養を摂る

筋肉の生成に関わるタンパク質や、その吸収を助けるビタミンB1を摂ると良いでしょう。食べ過ぎると運動に影響がでますので、軽い食事にした方がいいです。

<PR>
女性ホルモンなら増やす内容をチエック!
他ではわからない情報を確認!

筋肉痛を早く治すためにやるべき事

筋肉痛の場所を冷やす

筋肉痛は、筋肉が炎症を起こしているために引き起こされます。その炎症を和らげるためには、患部を冷やすと良いでしょう。

マッサージをする

筋肉の血流を改善することによって、疲労物質を排出することができます。マッサージをする際には、入浴中などに行っても効果的でしょう。強く刺激しすぎないように注意も必要です。

温めた後に冷やす

筋肉痛の部位をお湯で5分ほど温めた後、冷や水をあてます。これを繰り返すことによって、血管が伸縮運動を行います。そのため、疲労物質などを体外に出しやすくすることができます。

栄養を摂る

運動によって失った栄養素を補給することも効果があるでしょう。筋肉の元になっているタンパク質を摂ることが望ましいです。ビタミンと一緒に摂ることで、バランスがよい食事となります。

睡眠が基本

損傷を受けた筋肉を治すには、睡眠が基本となります。体内から出る成長ホルモンの影響で、疲労軽減につながります。